works

morphonics

date: 2008.10.29

DESIGNTIDE TOKYO 2008 ケンウッドデザイン
GYRE(東京都渋谷区) - 2008.10.29

kenwood2

「デザインタイド トーキョー2008」において「morphonics/モーフォニクス」をテーマに発表された展示空間のサウンドトラックを制作。ならびにオープニングパーティにてライブパフォーマンスを行いました。

 

kenwood_1

 

遠近法、そして点描、線描など。これらはどれも主に美術をはじめとする視覚芸術に用いられる言葉です。全ての形象は線からなり、その線は無数の点の集合からなる、という考えかたは視覚に限らず、音にも共通する点なのです。 音の正体は空気の揺らぎ、すなわち音波と呼ばれるものであり、それらは鼓膜に届くまでは、複雑な空気の振幅にほかなりません。わたしたちの素晴らしい聴覚は、その空気の波に意味を与え、ときには感動さえ呼び起こすのです。

しかし、もし音そのものの物理的な有様を知覚できるとしたら?それらが細分化された無数の波線やさらには点の集合体として知覚できたとしたら。モザイクをかけられた絵を思い浮かべてください。モザイクの粒子をどこまでも粗くして行くとどうなるか?あるいは、ある描線をどこまでも拡大してみるとどうなるか?ケンウッドデザインとクラウディオ・コルッチ氏とのコラボレーションによるスピーカーのコンセプトである morphonics、そしてそれを体現する SCENOGRAPHY に触発され、音にさまざまな処理を施して、あたかも音が視覚的に分解され再構成されていくようなイメージを作品にしました。